犬に強く注意しなければいけない時に気をつけないといけない事【1】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

犬に強く注意しなければいけない時に気をつけないといけない事【1】

 

こんにちは、いぬプロの山本です!
少しでもこのいぬプロジェクトの活動を広げる為、Youtubeでの動画配信に加え、SNSでも皆さんに正しい情報を発信していこう!ということで、定期的に犬にまつわる様々なテーマについての記事を更新しております^^

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回は「犬に強く注意しなければいけない時に気をつけないといけない事」について話していきたいと思います。
以前、新規のお客様のお家にお伺いした時に飼い主さんから質問を頂いたのですが、それが今まであまりされた事のないような質問だったので、たくさんの方に発信していきたいなと思い今回はこういったテーマでお話しさせて頂きます。

その内容というのは、
「動物の世界では腕力を使って力で問題解決する事が大半なのに、なぜ人と犬になると、腕力を使わずに教える事が可能なのか、また使わない事を選ぶのか」
というご質問でした。

飼い主さん的にいうと、もちろん武力行使をしたいわけでないけど、しないといけないこともあるでしょうと。

まあ全てがこういった武力行使だけの動物ばかりとは言い切れませんし、稀にコミュニケーション能力が高いもの同士だった場合は力を使わなくても解決するパターンもあるかもしれませんが、大体の場合は力の強い弱いで立場が決まる弱肉強食の世界ですよね。

でももちろん力を使わなくても教えられる子もたくさんいるとも思います。
コミュニケーションと教育だけで改善する子は確かにいてます。
でも現実はそういう子ばかりな訳じゃないですよね。

そこに当てはまらない子達、野性味が強い子だったりすると、こっちがガッツリ叱らないといけない犬も絶対にいてる訳ですよ。

それなら「叱らない褒めて伸ばす」というような教育方針でトレーニングされている方々は、そういった犬たちはどうしてるの?と思われる方もいると思います。
そういった方の場合、極度の問題行動の犬は元からトレーニング自体を断ってしまう方が多いですね。
断ったらその子たちは見ないで済む訳ですから。

なので実際そんな子を見ていない訳やから、「そんなんせんでも直りますよ」という風に言えるんですよね。

 

【2】に続きます

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

SNS上では記事を分割して更新しておりますが、「いぬプロLINE公式アカウント」では毎週月曜日に記事の全文をLINEメッセージにて配信しております。https://lin.ee/1cOIoLj3r
ぜひお友達登録よろしくお願い致しますm(_ _)m