愛犬との別れの向き合い方【1】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

こんにちは、いぬプロの山本です!

少しでもこのいぬプロジェクトの活動を広げる為、Youtubeでの動画配信に加え、SNSでも皆さんに正しい情報を発信していこう!ということで、定期的に犬にまつわる様々なテーマについての記事を更新しております^^

愛犬との別れの向き合い方【1】

今回は少し悲しいテーマになりますが、「愛犬とのお別れ」について話していこうと思います。

たくさんの出会いがある分、別れというものががもちろんやってきます。
最近は保護犬を迎えられる方が増えているので、出会ってから別れるまでの間というのが、子犬の時から育てている場合よりももちろん短くなったりする事もあるでしょうし、看取りという形でその子を迎えられる方もいらっしゃると思います。

僕の場合は、1番最初のパートナーを2歳10ヶ月で亡くしています。
その当時はまだトレーナーとして駆け出しで、犬の病気についても詳しくなかったので、病気になってからたくさん調べましたね。
最善の手は尽くしたんですけども、最後は腎不全で亡くなってしまいました。

その犬は僕が修行していたハンガリーから一緒に連れて帰ってきた子で思い入れももちろん強かったので、今でもね、思い出すと悲しいという気持ちももちろんありますし、あと数年でも生きてくれていたらどんだけいろんな思い出が作れたのかなとか、何か色々感じることがあったのかな、とも今でもふとした時に思います。

そして何が悲しかったって、この子は2歳10ヶ月だったのでもちろん兄弟も生きてるし、親犬も生きてる訳ですよね。
もし仮に天国があったとしたら、出迎えてくれる兄弟親犬がいない。
魂が一人ボッチやなと思ってしまうところにすごく悲しさというのは感じました。
天国に行った時に親も兄弟もいなかったらと思うと、快く「いってらっしゃい」って言えなかったです。大丈夫かな、って思ったりとかね。

そこが大きい悲しみの中の1つでしたね。

 

【2】に続きます

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

SNS上では記事を分割して更新しておりますが、「いぬプロLINE公式アカウント」では毎週月曜日に記事の全文をLINEメッセージにて配信しております。

https://lin.ee/1cOIoLj3r

ぜひお友達登録よろしくお願い致しますm(_ _)m

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る